• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2016たばこ白書」検証<上> 超大作「禁煙化のススメ」

 15年ぶり改訂の「たばこ白書」がまとまり、厚労省のHPにアップされた。なんと600ページを超す“大作”である。さっそくメディアは「屋内100%禁煙化を」「受動喫煙対策 日本は最低」などとする白書の主張を大々的に紹介していた。この白書、いったいどんなことが書かれているのか。中身を検証する。

「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」。これが「たばこ白書」の正式タイトルである。「喫煙の健康問題に関する検討会」(座長・祖父江友孝大阪大学大学院教授)のメンバー8人が編集者となり、50人超の研究者が執筆にあたった。

「たばこ製品の現状」「たばこの健康影響」「たばこ対策」の3章構成となっていて、目玉は喫煙と病気の関係を4段階で初めて判定したことである。「白書」が喫煙と病気の関係に“お墨付き”を与えたわけで、規制強化を進める厚労省の政策作りの補完的役割を果たすことは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る