「2016たばこ白書」検証<上> 超大作「禁煙化のススメ」

公開日:  更新日:

 15年ぶり改訂の「たばこ白書」がまとまり、厚労省のHPにアップされた。なんと600ページを超す“大作”である。さっそくメディアは「屋内100%禁煙化を」「受動喫煙対策 日本は最低」などとする白書の主張を大々的に紹介していた。この白書、いったいどんなことが書かれているのか。中身を検証する。

「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」。これが「たばこ白書」の正式タイトルである。「喫煙の健康問題に関する検討会」(座長・祖父江友孝大阪大学大学院教授)のメンバー8人が編集者となり、50人超の研究者が執筆にあたった。

「たばこ製品の現状」「たばこの健康影響」「たばこ対策」の3章構成となっていて、目玉は喫煙と病気の関係を4段階で初めて判定したことである。「白書」が喫煙と病気の関係に“お墨付き”を与えたわけで、規制強化を進める厚労省の政策作りの補完的役割を果たすことは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る