「2016たばこ白書」検証<上> 超大作「禁煙化のススメ」

公開日:  更新日:

 15年ぶり改訂の「たばこ白書」がまとまり、厚労省のHPにアップされた。なんと600ページを超す“大作”である。さっそくメディアは「屋内100%禁煙化を」「受動喫煙対策 日本は最低」などとする白書の主張を大々的に紹介していた。この白書、いったいどんなことが書かれているのか。中身を検証する。

「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」。これが「たばこ白書」の正式タイトルである。「喫煙の健康問題に関する検討会」(座長・祖父江友孝大阪大学大学院教授)のメンバー8人が編集者となり、50人超の研究者が執筆にあたった。

「たばこ製品の現状」「たばこの健康影響」「たばこ対策」の3章構成となっていて、目玉は喫煙と病気の関係を4段階で初めて判定したことである。「白書」が喫煙と病気の関係に“お墨付き”を与えたわけで、規制強化を進める厚労省の政策作りの補完的役割を果たすことは明白だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る