「2016たばこ白書」検証<中>米国に倣った「4段階判定」は法制化の推進要因?

公開日:  更新日:

 今回の「たばこ白書」の目玉とされているのは、喫煙と肺がんなど病気の因果関係についての包括的評価。米国公衆衛生総監報告書に倣い、レベル1(科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である)、レベル2(因果関係を示唆しているが十分ではない)、レベル3(不十分である)、レベル4(因果関係がないことを示唆)の4段階で判定した。

 その結果、喫煙者本人への影響としては、肺、口腔・咽頭、食道、胃などのがんに加え、虚血性心疾患、脳卒中などが、受動喫煙では肺がん、虚血性心疾患、脳卒中などがレベル1とされた。

 注目を集めたのは受動喫煙と肺がん。「白書」案が公表された8月31日のタイミングに合わせる形で、国立がん研究センターの研究者を中心とする研究班が「受動喫煙の肺がんリスクが28%上昇」との研究結果を発表。メディアがこぞって取り上げた。世界禁煙デーのタイミングで発表された「受動喫煙による死亡者1万5000人」と合わせて、受動喫煙の被害を強調したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る