<3>寮生活を抜け出し中年サラリーマンとお茶して3万円

公開日:  更新日:

 左腕に抗がん剤の点滴が24時間ついている上、アレルギーで右手首にも点滴が入り、両手が使えない。病院のベッドであおむけのまま、思考が現実を超えていく。

 女は、金になる。それが分かったのは中学生の頃、全寮制の中高一貫の進学校時代だった。

 駅まで車で20分という山あいの田舎。祖父の開業した病院を受け継いだ母と、そんな母のヒモでしかない、ドゲスな父。ろくに仕事もせず、外に女をつくっては家出を繰り返した。毎度毎度、女に愛想を尽かされ金も尽き、泣きながら帰って来る。「子どものために」と言って離婚を先延ばしにする母。そんな両親に吐き気がして実家を出たら、がんじがらめの寮生活が待っていた。スカートの長さにベッドメーキング、TVはNHKだけ、間食にポタージュを飲むときもクルトン入りは駄目。クルトンはパンで主食だから。友だちもなく、図書館での現実逃避では耐えられず、寮を抜け出して繁華街をうろついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る