舛添前知事時代の検討会提言を国に要求している東京都

公開日:

 受動喫煙防止条例は、舛添前知事時代にも政策テーマとして浮上し、半年間かけた有識者の検討会が開催された。結果的に、条例化は先送りとなり、都に向けた4項目の提言が残された。その中にこうした一文がある。

「受動喫煙の問題は普遍的なものであり、地域的な特性を持つとは言い難い。(中略)受動喫煙防止対策は、国家として進めるべき課題であり、規制についても、全国統一にすることが望ましいことから、国に対しては、全国統一的な法律での規制を働きかけること」

 この提言はどうなっているのか。現状について都庁の担当部局に聞いてみた。

「都としましては提言に沿う形で、6月にまとめた国への提案要求の中に最重点事項の一つとして受動喫煙防止対策の推進を盛り込んでいます」(東京都福祉保健局)

 都の要求内容は次の2点。①受動喫煙防止対策を強化するため、実効性ある法律を早期に整備すること。②法律において、地方自治体の役割を定める場合には、全国統一の基準を設けるとともに、十分な財政措置を講じること。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る