• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプは表現論争に発展 日本から「エロ」がなくなる日

「もう息子に読ませないわ」と息巻く親もいるという。人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が7月3日発売号の巻頭に掲載したイラストが過激だと、女性から大バッシングされ、エロを巡る表現論争に発展している。

 それにしても、このところエロへの規制が厳しい。この先、日本のエロはどうなるのか。

 成人向けの作品が多い漫画家のドルショック竹下氏が言う。

「エロを扱う雑誌やAV雑誌は、5~6年前から廃刊、休刊が続出。エロコンテンツは、漫画も動画もネットで見るのが主流になっています。そのあおりで、取材をベースに描くギャグ路線のエロ漫画は、特に需要が激減。そんなエロ雑誌の読み物ページのような内容は、密かに日本のサブカルチャーを牽引してきましたが、もう載せるところがほとんどないのが現状です。創作ベースのエロ漫画なら、電子媒体で活路が見いだせますが、写真投稿系の雑誌もリベンジポルノの規制で継続が厳しくなっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る