ジャンプは表現論争に発展 日本から「エロ」がなくなる日

公開日:

「もう息子に読ませないわ」と息巻く親もいるという。人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が7月3日発売号の巻頭に掲載したイラストが過激だと、女性から大バッシングされ、エロを巡る表現論争に発展している。

 それにしても、このところエロへの規制が厳しい。この先、日本のエロはどうなるのか。

 成人向けの作品が多い漫画家のドルショック竹下氏が言う。

「エロを扱う雑誌やAV雑誌は、5~6年前から廃刊、休刊が続出。エロコンテンツは、漫画も動画もネットで見るのが主流になっています。そのあおりで、取材をベースに描くギャグ路線のエロ漫画は、特に需要が激減。そんなエロ雑誌の読み物ページのような内容は、密かに日本のサブカルチャーを牽引してきましたが、もう載せるところがほとんどないのが現状です。創作ベースのエロ漫画なら、電子媒体で活路が見いだせますが、写真投稿系の雑誌もリベンジポルノの規制で継続が厳しくなっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る