ジャンプは表現論争に発展 日本から「エロ」がなくなる日

公開日:

「もう息子に読ませないわ」と息巻く親もいるという。人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が7月3日発売号の巻頭に掲載したイラストが過激だと、女性から大バッシングされ、エロを巡る表現論争に発展している。

 それにしても、このところエロへの規制が厳しい。この先、日本のエロはどうなるのか。

 成人向けの作品が多い漫画家のドルショック竹下氏が言う。

「エロを扱う雑誌やAV雑誌は、5~6年前から廃刊、休刊が続出。エロコンテンツは、漫画も動画もネットで見るのが主流になっています。そのあおりで、取材をベースに描くギャグ路線のエロ漫画は、特に需要が激減。そんなエロ雑誌の読み物ページのような内容は、密かに日本のサブカルチャーを牽引してきましたが、もう載せるところがほとんどないのが現状です。創作ベースのエロ漫画なら、電子媒体で活路が見いだせますが、写真投稿系の雑誌もリベンジポルノの規制で継続が厳しくなっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る