ジャンプは表現論争に発展 日本から「エロ」がなくなる日

公開日: 更新日:

「もう息子に読ませないわ」と息巻く親もいるという。人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が7月3日発売号の巻頭に掲載したイラストが過激だと、女性から大バッシングされ、エロを巡る表現論争に発展している。

 それにしても、このところエロへの規制が厳しい。この先、日本のエロはどうなるのか。

 成人向けの作品が多い漫画家のドルショック竹下氏が言う。

「エロを扱う雑誌やAV雑誌は、5~6年前から廃刊、休刊が続出。エロコンテンツは、漫画も動画もネットで見るのが主流になっています。そのあおりで、取材をベースに描くギャグ路線のエロ漫画は、特に需要が激減。そんなエロ雑誌の読み物ページのような内容は、密かに日本のサブカルチャーを牽引してきましたが、もう載せるところがほとんどないのが現状です。創作ベースのエロ漫画なら、電子媒体で活路が見いだせますが、写真投稿系の雑誌もリベンジポルノの規制で継続が厳しくなっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る