飲んべえ記者は常備 夏の家飲みが楽しくなる“三種の神器”

公開日:

 仕事の疲れは、晩酌でリフレッシュ―― 。アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所によると、「ほぼ毎日」家飲みするのは、全体の36%と3人に1人。7割は「週2回以上」と答えている。外で飲むより、家で安く飲む人が少なくないようだ。

 人気は缶ビールが71%と断トツだが、缶チューハイ(51%)やワイン(39%)、焼酎(31%)も外せない。そこで、酔っぱらい記者がお薦めの家飲みグッズを紹介しよう。

 暑さを一気に吹き飛ばしてくれるのは、いわゆる“シャリキン”だ。キンミヤ焼酎をシャーベット状に凍らせたもので、タッパーやペットボトルに焼酎を入れて冷凍庫で24時間凍らすとできる。製造元の宮崎本店のHPには、パウチタイプ(90ミリリットル)が1本102円で売っている。

 記者はこれをケース(30本3060円)買いして、冷凍庫に入れてシャリキンを常備。炭酸かホッピーで割って飲む。もっと豪華にするなら、シャリキンの炭酸割りにガリガリ君のソーダ味をそのままザブン。ある居酒屋のメニューになっている飲み方で、こうすればガリガリ君が少しずつ溶け、ヒンヤリ感も長持ちする。これが1つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る