飲んべえ記者は常備 夏の家飲みが楽しくなる“三種の神器”

公開日: 更新日:

 仕事の疲れは、晩酌でリフレッシュ―― 。アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所によると、「ほぼ毎日」家飲みするのは、全体の36%と3人に1人。7割は「週2回以上」と答えている。外で飲むより、家で安く飲む人が少なくないようだ。

 人気は缶ビールが71%と断トツだが、缶チューハイ(51%)やワイン(39%)、焼酎(31%)も外せない。そこで、酔っぱらい記者がお薦めの家飲みグッズを紹介しよう。

 暑さを一気に吹き飛ばしてくれるのは、いわゆる“シャリキン”だ。キンミヤ焼酎をシャーベット状に凍らせたもので、タッパーやペットボトルに焼酎を入れて冷凍庫で24時間凍らすとできる。製造元の宮崎本店のHPには、パウチタイプ(90ミリリットル)が1本102円で売っている。

 記者はこれをケース(30本3060円)買いして、冷凍庫に入れてシャリキンを常備。炭酸かホッピーで割って飲む。もっと豪華にするなら、シャリキンの炭酸割りにガリガリ君のソーダ味をそのままザブン。ある居酒屋のメニューになっている飲み方で、こうすればガリガリ君が少しずつ溶け、ヒンヤリ感も長持ちする。これが1つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る