飲んべえ記者は常備 夏の家飲みが楽しくなる“三種の神器”

公開日:

 仕事の疲れは、晩酌でリフレッシュ―― 。アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所によると、「ほぼ毎日」家飲みするのは、全体の36%と3人に1人。7割は「週2回以上」と答えている。外で飲むより、家で安く飲む人が少なくないようだ。

 人気は缶ビールが71%と断トツだが、缶チューハイ(51%)やワイン(39%)、焼酎(31%)も外せない。そこで、酔っぱらい記者がお薦めの家飲みグッズを紹介しよう。

 暑さを一気に吹き飛ばしてくれるのは、いわゆる“シャリキン”だ。キンミヤ焼酎をシャーベット状に凍らせたもので、タッパーやペットボトルに焼酎を入れて冷凍庫で24時間凍らすとできる。製造元の宮崎本店のHPには、パウチタイプ(90ミリリットル)が1本102円で売っている。

 記者はこれをケース(30本3060円)買いして、冷凍庫に入れてシャリキンを常備。炭酸かホッピーで割って飲む。もっと豪華にするなら、シャリキンの炭酸割りにガリガリ君のソーダ味をそのままザブン。ある居酒屋のメニューになっている飲み方で、こうすればガリガリ君が少しずつ溶け、ヒンヤリ感も長持ちする。これが1つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る