飲んべえ記者は常備 夏の家飲みが楽しくなる“三種の神器”

公開日: 更新日:

 仕事の疲れは、晩酌でリフレッシュ―― 。アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所によると、「ほぼ毎日」家飲みするのは、全体の36%と3人に1人。7割は「週2回以上」と答えている。外で飲むより、家で安く飲む人が少なくないようだ。

 人気は缶ビールが71%と断トツだが、缶チューハイ(51%)やワイン(39%)、焼酎(31%)も外せない。そこで、酔っぱらい記者がお薦めの家飲みグッズを紹介しよう。

 暑さを一気に吹き飛ばしてくれるのは、いわゆる“シャリキン”だ。キンミヤ焼酎をシャーベット状に凍らせたもので、タッパーやペットボトルに焼酎を入れて冷凍庫で24時間凍らすとできる。製造元の宮崎本店のHPには、パウチタイプ(90ミリリットル)が1本102円で売っている。

 記者はこれをケース(30本3060円)買いして、冷凍庫に入れてシャリキンを常備。炭酸かホッピーで割って飲む。もっと豪華にするなら、シャリキンの炭酸割りにガリガリ君のソーダ味をそのままザブン。ある居酒屋のメニューになっている飲み方で、こうすればガリガリ君が少しずつ溶け、ヒンヤリ感も長持ちする。これが1つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る