• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京都受動喫煙防止条例 有識者も慎重議論求める署名呼びかけ

 東京都が制定を進める受動喫煙防止の罰則付き条例に対し、慎重議論を求める事業者団体の署名活動が繰り広げられている。主催は飲食関連の東京都生活衛生同業組合連合会や東京都たばこ商業協同組合連合会など。11月の新宿、錦糸町駅前に続き、今月5日には東京・麹町で開かれた喫煙文化研究会のシンポジウム会場の受付前でシンポジウムの参加者に署名を呼びかけた。主催団体は客と店舗側が「喫煙」「分煙」「禁煙」を自由に選択できる多様な社会をと訴え、都に対し事業者の声に耳を傾け慎重な議論をするように求めている。

 署名の呼びかけにはシンポジウムで司会を務めたジャーナリストの山路徹氏、パネリストのジャーナリスト・須田慎一郎氏、参院議員の石井苗子氏も加わった。「たばこはそんなに悪いのですか?2017」というテーマのシンポジウムでは、法規制に向けた動きが政治的な思惑で進められていることへの危惧、批判の声が上がっていた。都が実施したパブリックコメントでは、条例化に向けた基本的考え方に「反対」「一部反対」が「賛成」を上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る