客数は2年で4倍 女性は「レズ風俗」に何を求めているのか

公開日: 更新日:

 LGBTという言葉が一般に広まり、多様なセクシュアリティーが認められつつある。風俗業界でも、ゲイやレズビアン向けの専門店が増加。漫画「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」(永田カビ=イースト・プレス)のヒットもあり、レズ風俗店を訪れる女性も珍しくない。

「すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。」(WAVE出版)の著者、御坊氏は、大阪でレズ風俗店「レズっ娘クラブ」を営む。御坊氏が言う。

「ここ2年で客数は4倍に伸びました。風俗店はもともと男性の文化ということもあって、レズ風俗があるのを知らなかった方も、永田さんの本をきっかけに知って、訪れるようになったんです」

 一口に風俗店といっても、レズ風俗は性的サービス中心の内容とは異なるという。男性向け風俗店とは違うのだ。御坊氏の店に所属する女性キャスト・涼子さんに話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

もっと見る