モテ男の必須ホルモン“テストステロン”はこうして増やす

公開日: 更新日:

 テストステロンは筋肉量と密接に関連している。最大負荷量の75~80%の負荷をかけたトレーニングを10~12回、1~2分の休憩を挟んで3~4セットやると、テストステロンが上昇することが証明されている。具体的には、普通のスクワット10回を3セット。

 睡眠で絶対避けたいのが徹夜だ。1日徹夜しただけでテストステロンは低下。その後4日間休んでも復活しない。

 食事面では、テストステロン量を上げる亜鉛を積極的に取る。牡蠣に多いが、毎日食べられるものではないので、サプリの活用がいいだろう。

 アルコールは、テストステロンを下げる。夕食にグラス4杯のビールを3週間飲んだ群と、ノンアルコールの群では、後者の方がテストステロンが高かった。

 つまり「モテる男」を目指すなら、禁煙・禁酒、さらには毎日の筋トレと規則正しい食生活が欠かせない。そんなのは無理……という人は、テストステロン低下・上昇に関係する意外な行動だけでもせめて押さえておいてはどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る