緊縛やSMもファッション感覚で アブノーマルデート増加中

公開日: 更新日:

 最近、30、40代のカップルから聞くのがアブノーマルなデート。フェティッシュバー「銀座ブラックハート」や東京キネマ倶楽部のイベント「デパートメントH」など、緊縛やフェチの世界を体感できる店やイベントも少なくない。

「デパートや地方のレストランバーなどで緊縛ショーが開催されることもあります。SMやポールダンス、ストリップなどファッション感覚で楽しめる場が増えています。女性客やカップルも多いです」(風俗ライター)

 複数の女性が代わる代わる縛られるイベント「SM神社祭」を毎年開催する緊縛師の長田一美氏(SM塾オサダ・ゼミナール主宰)も言う。

「彼女がSM好きで、一緒にイベントに来たというカップルもいますね。SM塾にも、男性が彼女のために緊縛を習いにきたり。性癖をオープンにするカップルは増えてきた印象です」

 ちなみに、今年の「SM神社祭」は9月12日(木)19時から新宿ロフトプラスワン(東京・新宿区歌舞伎町)で開催する。

 出演は、ストリップ界トップの踊り子・若林美保やバーレスクダンサーの神崎みいほか。料金は、前売り3000円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    <25>お持ち帰りできる「ホテル内のカラオケ」で接待

もっと見る