調査依頼の9割が夫から 愛人サークルにハマる妻たちの実態

公開日: 更新日:

 既婚者合コンなど出会いサークルが活発化したことで、新たなサービスが誕生し話題になっている。浮気調査で知られるリッツ横浜探偵社の「既婚者サークル行動調査パッケージ」がそれだ。

「今年に入って、既婚者出会いサークルを調べてほしいという依頼が急激に増えています。今では全案件の3割ぐらいを占めています」

 こう話すのは、同社の山村佳子代表。興味深いのは、浮気調査全体の依頼者は男女半々なのに、「既婚者の出会いサービスを巡る浮気調査は、9割が夫からの依頼」ということ。それだけテレビで報じられる既婚者合コンに踊らされる主婦が多いのだろう。

 実際、調べてみると驚くべき実態が浮き彫りになったという。

 たとえば、50代妻(専業主婦)の事例はこうだ。

「サークル主催のイベントを1日2~3件もはしごしていました。身だしなみを整えるためにエステや脱毛に行くので、子どもの進学資金がなくなってしまった。それで不審に思った夫が依頼したのです。調査すると、相手はお金持ちの男性が中心。食事デートで振られたり、すっぽかされたりしてもめげず、5回に1回はホテルまで行っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  4. 4

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  5. 5

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  6. 6

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  9. 9

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

  10. 10

    コロナ再拡大で東京アラート発動 原因は飲食店クラスター

もっと見る