喜本容疑者はどっち?50代独身女性の恋愛“二極化”のリアル

公開日: 更新日:

 ワイドショーが連日あおっている「あおり運転男&ガラケー女」。茨城県警に逮捕された会社役員の宮崎文夫(43)と会社員の喜本奈津子(51)の両容疑者は、今年2月に出会い系サイトで知り合い、交際を始めたとされる。

「宮崎容疑者はバツイチで、喜本容疑者はずっと独身だったようです。2人とも出会う前から奇行を繰り返し、周囲から疎まれていた。妙にウマが合ったのかもしれませんね……」(捜査事情通)

 とはいえ、8歳年上の喜本容疑者は「曲がったことが嫌いな性格だった」という情報もある。中高年の恋愛事情にも詳しいメノポーズカウンセラーでライターの日々晴雨氏は、「女性の方が相手に合わせていたのかもしれません」とこう続ける。

「50代の独身女性になると、たとえ出会いがあっても“おじいちゃん感”が出てきた初老の男性が多くなります。自分より若いか、若々しい同世代の男性と出会うと〈次はない〉と思い込み、相手に気に入られよう、合わせようと考えたとしても不思議じゃない。ただ、それも“二極化”しています。40代まで仕事も恋愛もバリバリこなしてきた50代女性は『もう恋愛や結婚は面倒』と考え、女性同士でいる方が楽しくなってきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る