景気回復を牽引できない製造業

公開日: 更新日:

 2013年4―9月期の決算発表で目立つのが製造業の業績回復だ。とりわけ好調だと伝えられたのが、自動車メーカーである。スズキ、マツダ、富士重工、三菱自動車の4社が最高益を更新した。首位のトヨタも悪くない。14年3月期の連結税引き前利益は前期比63%増の2兆2900億円となる見通しだ。08年3月期の最高益(2兆4372億円)に迫る数字である。

 新聞やテレビは、「円安の押し上げ効果が大きい」と報じた。アベノミクスの金融緩和が増益に寄与しているというスタンスである。確かに、この円安は「異次元の金融緩和」が導いたものだ。「アベノミクスの成果」という分析も、間違いではないだろう。

 だが、国民に伝えるべきは、そこではない。製造業の回復が景気の好循環を招くのかどうかだ。雇用の拡大や賃金アップにつながるのか。そこが重要なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る