「良い循環」につながらないGDP4期連続プラス成長

公開日: 更新日:

 7―9月期のGDPが4四半期連続のプラス成長となった。もっとも伸び率は年率換算で実質1.9%増だから、前期の3.8%増に比べて鈍化している。目立つのは公共投資や住宅投資ぐらい。消費にはブレーキが掛かり、輸出はマイナスに転じた。甘利経財・再生相は、「景気の良い循環は始まっていると思う」と見立てたようだが、とんでもない。状況は非常に厳しくなっている。

 2.7%増となった住宅投資は、増税前の駆け込み需要だ。どうせなら来年4月に消費税率が引き上げられる前に買っておこうという動きである。これは長続きしない。実際に10月の景気ウオッチャー調査では、景況感を示すDIの住宅関連が9月から7.6ポイントも落ち込んでいる。駆け込みは早くも一巡してしまった格好だ。

 0.1%増の個人消費も、この先は上がり目がない。すでに伸び率は前期の0.6%増から縮んでいるが、消費者心理の冷え込みは想像以上だ。10月の消費動向調査によると、一般世帯の消費者態度指数は前月を4.2ポイントも下回った。下げ幅は、東日本大震災の直後となった2011年4月以来の大きさである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る