特定秘密保護法で「日本を取り戻す」の真意

公開日: 更新日:

 特定秘密保護法案が参院国家安全保障特別委員会でも強行採決された。自公与党が委員会審議を唐突に打ち切り、賛成多数で可決したとされる。だが、強引な議事運営を伝えるニュース映像を見ても、いつ、どうやって採決されたのか分からない。いくら与党議員が多数を占めるとはいえ、正常な採決がなされたといえるのだろうか。

 法案は運用次第でどうにでもなるというのに、運用をただす質問に答弁は二転三転。安倍首相は最終盤になって突然、新機関創設を口にした。まだまだ審議すべきことは山ほどある。国会の外は、反対を訴える人であふれかえった。著名人も次々と声を上げ、危険性を訴えている。

 それでも安倍政権は危険極まりない法案を仕上げようと突っ走った。安倍首相は野党のヤジに対し、「国民の知る権利を侵している」と言い放っている。大事なのは自分の声を聞かせること。ほかの声は聞くに足らない。そんな考えらしい。なんと傲慢な態度だろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る