アントワークス早川秀人社長<1> 父が警官なのに補導歴8回

公開日: 更新日:

「伝説のすた丼屋」を各地に展開

 ニンニク醤油味の、なんとも中毒性のある豚肉炒めが大盛り飯の上にこんもりとのる「すた丼」(すたみな丼の略)。この丼を売りにする「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を、全国各地に72店展開するのが、アントワークスだ。

 1971年、国立市に開いたラーメン店を発祥とするすた丼屋は、お客も店員も不良が多いことで知られていた。創業者から経営を受け継いだ代表取締役の早川秀人氏も、補導歴多数という立派な“小金井の不良”だった。そんな悪ガキが、どんな経緯で経営者となったのか。子ども時代から振り返ってみよう。

 1964年生まれ、「地元は東京都の小金井市」という早川氏だが、中1まではお隣の小平市で育った。父親は公安畑を中心に歩んだ、警視庁の私服警官、母親は教育熱心な専業主婦という家庭だった。

 ケンカが強くなくては不良は務まらないが、早川氏は小学校低学年から、その片鱗を見せる。「遊びの延長で、2対2の決闘をしようという話になりました」。顔面に一発食らい、腹も蹴られて、あえなく降参した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る