老前整理で儲かるかも?高く買い取ってもらえる意外なモノ

公開日: 更新日:

 頭では分かっている不要なものでも、いざとなると手放せない。年を取るにつれ、片づける気力もあせてくる。

 ところが、意外なものが意外に高く売れるケースもある。そこで全国77カ所で貴金属・ブランド買い取り「ザ・ゴールド」(東京店は銀座2丁目)を運営するマックスガイに“意外に売れるもの”を聞いてみた。

「普段は、貴金属やロレックスやエルメス、ルイ・ヴィトンなどのブランド品を扱いますが、意外に需要が伸びているのが“甲冑”です。背景には戦国時代をモチーフにしたアニメやドラマの影響で外国人のインバウンド需要が増加したことがあります。刀剣は戊辰戦争で西日本に戦利品として流れたものが多いのですが、甲冑は刀剣より数が少なく、高額になるケースもあります」

 刀剣や甲冑はレアな商品だが、50歳前後の人なら話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のクイーンに憧れ、一度はエレキギターを買ったなんてこともあるはず。もちろん、今となってはタンスの肥やしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る