外食も家飲みも…予算や用途別に“お気に入り”を堪能できる

公開日: 更新日:

 食事は毎日、外食という独身シニアもいるだろう。それをお気に入りの店で毎日食べられたら……。「いや、家飲み好きだ」と、そんな人にも定額制サービスがある。

  ◇  ◇  ◇

【外食】
 東京を中心に16店を展開する「野郎ラーメン」は、月額9288円で3つのメニューから選んだ1杯を毎日食べられる。1杯780~880円。一番安いものでも12杯で元を取れる計算だ。ただしガッツリ系ラーメンなので、メタボな人はご用心。アプリをダウンロードし、パスポートを購入すると利用できる。

 ラーメンよりうどん! という向きは先月、東京・蒲田にオープンした「うどん食べ放題 ミノラス食堂」がオススメ。毎日1杯のかけうどんが食べられて月額540円。年金暮らしのシニアにはありがたいサービスだろう。トッピングやサイドメニューは別料金だが翌月末、月額料と一緒に口座引き落としかクレジット決済されるので財布いらずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る