「定年」を最大のキッカケに…生命保険料見直しで22万円減

公開日: 更新日:

 88.7%――。生命保険文化センターがまとめた、最新の「生命保険に関する全国実態調査」(2018年度速報版)によると、9割近くの世帯が何らかの生命保険に加入しているという。1世帯当たりの年間払込保険料(医療保険含む)は平均38.2万円だから、毎月3万1800円余りをつぎ込んでいる計算だ。

 この生命保険保険料が家計を圧迫しているケースは珍しくない。年間約1000件を超える家計診断を行う家計再生コンサルタントの横山光昭氏が言う。

「家計相談にやってくる人の中で、保険の加入の仕方で合格点を与えられるのは10%程度。残りの90%はムダとは言いませんが、“いま自分に本当に必要な保険”が分かっていません。生命保険も医療保険もそう。大半の人が保険の見直しをする必要があると思います」

 見直し時期や内容は、年齢、年収、保障内容によってさまざまだが、長い人生の中で「定年」は間違いなくターニングポイントになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る