染谷昌利
著者のコラム一覧
染谷昌利副業アドバイザー

1975年生まれ。株式会社MASH代表。12年間の会社員生活を経て、独立。「ブログ飯」などの人気ブログやサロンを運営。サロンは月額6000円で約80人。近著に「副業力」(日本実業出版社)など。

インバウンドの恩恵受けるシェアリングエコノミーで稼ぐ

公開日: 更新日:

 近年の副業で忘れてはならないのがシェアリングエコノミーだ。

 シェアリングエコノミーとは、インターネットを介して遊休資産を貸し出し仲介(シェア)するサービスを指す。貸主は遊休資産を貸し出すことにより収入を得ることができ、利用者は数多くの案件の中から自分の希望するサービスや料金を比較することが可能だ。

 駐車場を貸し出す「akippa」、自家用車を貸し出す「Anyca」、保有スキルを仲介する「ココナラ」、そして空き部屋を仲介する民泊サービス「Airbnb」など、シェアリングエコノミーの普及は一気に進んでいる。

 奈良市でラーメン店「春友流」を経営する佐藤輝英さん(44)も、「Airbnb」ホスト(施設提供者)のひとりだ。飲食店にはどうしても客数の少ない時間帯が発生する。その時間を活用し、宿泊施設の清掃などのメンテナンス時間に充てている。チェックイン・チェックアウトはキーボックスで対応できるため、メンテナンスを家族や友人にお願いすることで、会社員の副業としてホストになっている人も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る