マイカーの固定費は年間60万円 カーシェアで3分の1に圧縮

公開日: 更新日:

 来年10月1日に消費税が10%に引き上げられる。政府が野放図に借金を重ねてきたツケが、しれっと国民に回される格好だ。とても納得がいくものではないが、安倍1強の中、政策が変わる見込みは薄く、生活防衛は始めなければならない。今回は車について考えた。

 アラフィフ世代の記者が幼少期の頃、カー、クーラー、カラーテレビが「3C」と呼ばれた。自動車は生活必需品のひとつであり、中流階級の会員証でもあった。おかげで大人になれば買うのが当たり前という感覚を引きずってきたが、来年の増税で都市部のサラリーマンは平均6万円もの負担増になるという。一度、車がない生活について検討してみることにした。

 まずは手持ちの車を売るとしよう。記者は8年前にトヨタのプリウスを購入した。新車価格は200万円ちょっと。

 トヨタのHPで下取り価格をシミュレーションすると、47万円と出た。もっともこれは新車を買うのが前提の値段だろう。売るだけではもっと安くなる可能性が高いし、そもそもこの金額で売れるとも限らない。それでも数十万円が手元に残るとすれば、悪くない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  8. 8

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

もっと見る