「黒崎播磨」2020年の追い風 製鉄所向け耐火物で高シェア

公開日: 更新日:

 国内をはじめ、インドや欧州で製鉄所の設備更新需要が旺盛となっている。製鉄所向けの耐火物を扱う黒崎播磨(5352)には追い風だ。

 この会社は耐火物の製造や研究開発をさらに充実させるため、2020年に向けた中期計画で設備投資を過去最大規模の160億円とした。国内は生産設備の近代化やセラミックス製品の生産能力アップを図り、海外では中国の生産体制の効率化に加え、インド、スペインなどに積極投資していくという。

 鉄鋼向けの耐火物は高い技術力が求められる。製鉄所のコークス炉や熱風炉の耐熱度は約1400度から1700度と高く、耐火物は過酷な環境にさらされる。

 黒崎播磨の主力製品である鉄鋼用耐火物は専業メーカーで世界3位の規模を誇る。

 国内の鉄鋼大手の高炉は製造されてから40年以上が経過し、今後、数年間で6000億円を超す投資が発生するといわれる。

 黒崎播磨の主要取引先で、大株主でもある新日鉄住金(約43%保有)も2000億円規模の高炉改修を実施する見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る