山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

売却検討でシェア3位 世界中から引手あまたの「日立建機」

公開日: 更新日:

 当欄では先週、親子上場関連で日立金属を取り上げたが、今週はその第2弾として日立建機(6305)を取り上げたい。

 一部報道によると、日立製作所は日立化成だけでなく、日立建機も売却する方向で検討に入ったという。日立化成の売却観測は今月8日に共同通信などが伝えたものだが、20日には日経ビジネス電子版が、その続報として日立建機も売却の検討対象になったと報じた。当事者の日立はどちらも「現時点で決定した事実はない」と否定したものの、「火のないところに煙は立たず」で2社の売却を検討していることは間違いないだろう。

 本当に日立建機を売却するのなら、買収に名乗りを上げる企業は少なくないと思われる。同社は油圧ショベルの性能の高さで知られ、建設機械の世界シェアでは米キャタピラー、コマツに次いで世界3位。キャタピラーの昨年の売り上げは約6兆円、コマツが今期で約2.6兆円、そして同社が1兆円であることを考えれば、2位のコマツが買収に名乗りを上げても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る