スマホ5G時代に向け「大真空」水晶デバイス需要増大へ

公開日: 更新日:

 平成も終わるが、一言でいえば憂鬱な時代だった。株式市場下落、東日本大震災、少子高齢化進展等、背景はいろいろあるが、平成元年に就任し、強烈な引き締め策により、バブル経済を崩壊させたといわれる三重野元日銀総裁の責任を問う声も多く、同時に失敗の検証がなされていないことも重要な問題であろう。

 黒田現総裁は、「日銀によるETF保有残高は市場規模の4%にとどまっており、問題ない」と発言している。しかし、昨年末ですでに23兆円を超えており、2~3年以内に可能性がある世界的なリセッションが起きれば、米国株式も大幅に下落し、日銀保有のETFに多額の評価損が発生、通貨・円の信用失墜も想定されるところ。太平洋戦争の大惨事が、「底知れない無責任」な幹部体制による、「起きて欲しくないことは起こらない」と考える習い性により引き起こされたコトを再度認識すべきでは。

 今求められる資産運用の第一は通貨分散だと思われるが、日本株投資もリスクが払拭されないだけに、ハイリターンが望めるものが求められる。大真空(6962)は、東証1部上場の水晶デバイスの首位メーカー。スマホ用・車載用とも減速し、今期大幅減額修正となっているが、足元大きな変化が見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る