"スカスカ"なのに人気「ムーミンバレーパーク」の魅力とは

公開日: 更新日:

 10連休を控えた今、3月16日に埼玉県飯能市にオープンしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が注目を集めている。開業直後はテレビなどで混雑ぶりが報じられた。ホームページを見ると、敷地内の建物やアトラクションが“スカスカ”な印象もするが、果たして一過性の人気なのだろうか。記者は開業から約1週間後の3月22日に現地を訪れた。

  ◇  ◇  ◇


 確かに来場者は多い。駐車場は満車状態。チケット売り場には長い行列。アトラクションもほぼ予約でいっぱいだった。

 混雑した入り口を抜けると、いよいよムーミンバレーパークだ。眼下に広がる湖畔にはベンチが並び、くつろいで座っている大人がいた。ひょっとすると、ここは大人がボーッとしながらリラックスできる癒やしのスポットなのかもしれない。

 ここは「宮沢湖」という昭和には賑わった元観光地に造られたテーマパークだ。近年は近隣の住人の憩いの場になっていたが、わざわざ東京や神奈川から訪れるほどの“観光地”ではなかった。だが、風光明媚な湖や里山を「ムーミン谷」や「海」に見立てて再生させた。全国の人気低迷中の観光地の再生モデルケースにもなるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る