名古屋シャッター商店街が再生 なぜ旅行者が集う場所に?

公開日: 更新日:

 コンビニや大手スーパーの台頭や、店主の高齢化などによって、シャッター街化していく商店街が多い今。そんな中、10年ほど前まで閑散としていたのに、再び活気を取り戻している商店街がある。それが、名古屋駅から徒歩15分ほどの場所にある、円頓寺(えんどうじ)商店街だ。その再興のヒミツを聞きに、円頓寺商店街振興組合理事長の田尾大介氏を訪ねた。

 田尾さんは2015年に喫茶・食堂とゲストハウスが融合した「なごのや(NAGONOYA)」を商店街にオープン。同店はかつて「西アサヒ」という老舗喫茶店だったが、13年に閉店。以降シャッターを下ろしたままだった。

 それが今では欧米や東南アジアなど、世界各国から旅行者が集まる。田尾さんに店舗を紹介したのは、建築家の市原正人氏。商店街再生プロジェクト「ナゴノダナバンク」を立ち上げ、空き家となった店舗に新たな店を招致してきた。その一例が田尾さんだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る