山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

10連休前は「日立ハイテクノロジー」の親子上場解消に期待

公開日: 更新日:

 日本の投資家にとって未体験となる10連休まで、あと10日を残すのみとなった。

 年初の6連休に海外市場が急落し、日経平均が大発会に昨年末比で一時800円近く急落した記憶も新しいだけに、今回は持ち株を減らすなど事前対策がかなり進んだといわれている。

 その半面、株式相場はいたって堅調だ。日経平均は先週末に終値ベースで年初来高値を更新。個人投資家が中心のマザーズなど新興市場は冴えない動きだが、ここにきて外国人投資家が久々に日本株を爆買いしている。

 先週発表された株式売買動向によると、外国人投資家は4月第1週に10週ぶりに日本株を買い越した。その額は6227億円と週間ベースでは1年5カ月ぶりの高水準。反対に、個人投資家は5576億円の売り越しと、こちらは半年ぶりの「爆売り」となった。要は、10連休対策の個人の売りを外国人が残さずさらっていったという感じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る