山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

業界羨望 トヨタのハイブリット担うデンソーはまだ低水準

公開日: 更新日:

 先週、日米自由貿易交渉がようやく始まった。米側からは赤字の大きい自動車分野に関して、これまで報道されてきた以上の厳しい要求は提示されなかったもようで、自動車関連株に見直し買いが押し寄せている。

 中でもハイブリッド車などの電動化技術を無償開放すると表明したトヨタグループの中核企業は、株価が大幅高する銘柄も出てきた。

 トヨタ本体が持つ電動化部門をデンソーに集約するという発表もあり、デンソー(6902)の株価は今月に入って20%超上昇した。それでも昨年1月につけた高値(7218円)からは2000円ほど下押した水準に過ぎない。

 デンソーとともにトヨタのハイブリッドシステムの中核を担うアイシン精機(7259)も、今月に入って株価が25%上昇している。デンソーはパワーコントロールユニットやモーターなど電動車の基幹部品に強く、アイシンは自動変速機の一部にモーターやクラッチなどを配置するハイブリッドトランスミッションに強みを持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る