小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

トヨタの狙いは…なぜハイブリッド特許をタダにしたのか?

公開日: 更新日:

「ガラパゴスハイブリッドとか書かれたりしまして、結構いま心が折れかけています(苦笑)」

 先日興味深い記者会見が開かれた。トヨタの先進技術開発カンパニープレジデントで本社副社長でもある寺師茂樹氏によるある種の釈明会見だ。

 テーマは4月3日に発表され、様々な憶測を呼んだ「ハイブリッドなど電動車関連技術の特許を無償で提供する」としたトヨタのニュース。

 初代プリウスが97年に発売されてからはや22年。一般的にはいまさらハイブリッド技術をタダにしてどうする? もしやテスラや日産など他の電気車が普及し始め、トヨタも仲間作りで焦ったか?などと邪推された。だが、それは全くの逆。意図に反すると寺師副社長は言う。

「当社は慈善事業やってるわけじゃないので。きっかけは数年前からトヨタのユニットを使わせ作ってくださいませんかっていう(仕事の)オーダーが増えてきたこと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る