小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

実は世界1位のSUV 復活のトヨタRAV4は日本で売れるのか?

公開日: 更新日:

「売れる売れないじゃない。もっと大切なことがあるんと思うんです。それはお客様にいかに楽しんで頂けるか、新しい可能性をお届けできるか」(チーフエンジニア佐伯禎一さん)

 懐かしいビッグネームが復活した。5代目トヨタRAV4。94年デビューの元祖シティ派コンパクトSUVで、まだ初々しかったキムタクが出演したCMも話題となり、当時大ヒットしたが、アウトドアブームと共に売れ行きは沈下。3年前の3代目終了と共に国内販売を中止した。

 ところが世界市場では大きくなった4代目が爆発的ヒット。2018年は83万台も売り、SUV世界セールスでナンバーワン! 乗用車としても世界で3番目に売れたクルマとなった。そこで5代目がひさびさに国内販売復活。デカ目のボディーや特長的なワイルドデザイン、ある意味本格的すぎる4WDシステムでブーム再来を狙うが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る