高齢者クルマ対策の究極か? トヨタのサブスクKINTOの本質

公開日: 更新日:

「クルマが所有から利活用にシフトしていくなかで(中略)必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに『筋斗雲』のように使っていただきたいと考え『KINTO』と名付けました」との豊田章男社長のハッタリ気味の言葉と共に登場した、トヨタ初の愛車サブスクリプション「KINTO」。

 いわゆるスマホのように月々の定額料金でクルマが使える、流行りのサブスクリプションビジネス。2月頭から東京都内限定でサービスがスタートしたが、実際の料金プランをみて拍子抜けした人も多いはず。

 メニューはざっくり2パターンあって、期待通りの「いつでもどこでもどんなクルマでも」は、月額19万4400円の「KINTO SELECT」のみ。半年ごとにレクサスIS、ES、RC、UX、RX、NXの6車種に乗れるのはいいが、正直なところ庶民じゃ手が届かない価格帯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る