山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

親子上場関連の目玉「ソニーフィナンシャルHD」に熱視線

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争はトランプ大統領の土壇場の「ちゃぶ台返し」で新たな段階に突入してしまった。米政府はまだ制裁関税をかけていない残りの中国製品2900億ドル相当にも25%を課税する手続きを始めたとされ、今後も折に触れて株価を圧迫しそうである。

 米中ともに貿易協議自体は今後も継続する意向を示したため、株価の下げは世界的に小幅なレベルにとどまっている。しかし、知的財産権の扱いや国有企業への補助金の問題など、中国側が断固として譲らない未解決の難問がいくつか残っている。その関係で協議が妥結するまでには、かなりの時間がかかりそうである。

 その間は、協議が暗礁に乗り上げても株価への影響が限定されそうな内需関連などのディフェンシブストックを狙うのが無難だろう。この観点から今週はソニーフィナンシャルホールディングス(HD=8729)を取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  4. 4

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  5. 5

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    小池氏“地元”池袋で有力者と集会出席…選挙優先で支持固め

  11. 10

    特別寄稿 平野貞夫氏「コロナが解体する限界の資本主義」

もっと見る