自分だけのビールも ここまでできる「テーマ消費」最前線

公開日: 更新日:

 自分が持っているものを、他人に売ってお金を稼ぐ。一般消費者の間での取引「CtoC」ではこれまでフリマアプリやオークションサイトといったモノのやりとりが中心だった。しかし、最近は体験、つながりなどをテーマにしたサービスも増えてきている。どんなサービスがあるのか。最前線を探った――。

◆HOPPI’N GARAGE

 自分が飲みたい、世界にひとつだけのビールをつくり、仲間とシェアできるサービス。サッポロビールとキッチハイクが手がける。

 ビールの企画をサイト上で応募し、採用されて完成すると、同サイトのコミュニティーで参加者を募って乾杯イベントを実施。評判が良ければ商品化もあるという。これまで「佐世保スイングエール」「チョコミントビア」など8種類のオリジナルビールが完成。オリジナルビールのイベント以外にも数多くのビールイベントがあり、「これまでに130回開催し、延べ1500人が参加しています」(サッポロHD広報)というから、けっこう頻繁に行われているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る