電子書籍よりあえて「紙の本」での読書が増えている理由

公開日: 更新日:

 フリマアプリ「メルカリ」の登場で、インターネット上での個人間売買はより盛んになった。昨年、後発のメルカリが王者「ヤフオク!」を利用者数で上回った。そんなメルカリは、人々の読書習慣まで変えつつある。30代の男性会社員、narumiさんもそんな1人だ。

「これまでKindleで読書していましたが、メルカリを使うとすぐに高く売れるので、今ではもっぱら紙の本です。おかげで読書の仕方が変わりました」

 本が売れなくなり書店がどんどん潰れていくなか、narumiさんの場合、その流れに逆行している。

「電子書籍はすぐに読めて、大量の本を端末に保存できるのがメリットですが、人に貸したり、あげたり、売買したりすることができません。しかも、電子書籍の値段は紙の本とそれほど変わらないので、多少手間でも人にあげたり、売ったりできる紙の本に回帰しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る