会社クビの1カ月後に! 6億円を当てた男が振り返る<前>

公開日: 更新日:

唱田士始矢さん(開運コンサルタント)

 映画化もされたベストセラー小説「億男」は宝くじで3億円当てた男の物語。その倍の6億円を当てたのが現在、開運コンサルタントとして活躍する唱田士始矢さんだ。

「当てたのは今から11年前、2008年9月30日のこと。スポーツくじの『totoBIG』です。しかし、その時の私は人生のどん底にいました。彼女にもフラれ、会社もクビになり、銀行口座の残高は4000円ちょっとだったのです……」

 その1カ月前、システムエンジニアの派遣社員として東京の生命保険会社で働いていた唱田さんは、上司にあたる正社員ほか数人で福岡県久留米市へ出張していた。土曜日に仕事を終え、翌日は日曜日。せっかくだから観光していこうと、唱田さんは延泊することに。

「もちろん自費で、上司の許可も取りました。ところが月曜日に出社したら、すでに私の席はありませんでした。“自分だけ延泊する身勝手な男”という理不尽な理由でクビになっていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る