会社クビの1カ月後に! 6億円を当てた男が振り返る<前>

公開日: 更新日:

唱田士始矢さん(開運コンサルタント)

 映画化もされたベストセラー小説「億男」は宝くじで3億円当てた男の物語。その倍の6億円を当てたのが現在、開運コンサルタントとして活躍する唱田士始矢さんだ。

「当てたのは今から11年前、2008年9月30日のこと。スポーツくじの『totoBIG』です。しかし、その時の私は人生のどん底にいました。彼女にもフラれ、会社もクビになり、銀行口座の残高は4000円ちょっとだったのです……」

 その1カ月前、システムエンジニアの派遣社員として東京の生命保険会社で働いていた唱田さんは、上司にあたる正社員ほか数人で福岡県久留米市へ出張していた。土曜日に仕事を終え、翌日は日曜日。せっかくだから観光していこうと、唱田さんは延泊することに。

「もちろん自費で、上司の許可も取りました。ところが月曜日に出社したら、すでに私の席はありませんでした。“自分だけ延泊する身勝手な男”という理不尽な理由でクビになっていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る