周囲の人も去り…晩年は他人との会話を待ち望む寂しい生活

公開日: 更新日:

 東京・葛飾区のアパート火災現場に行ってみた。そこで中江氏のアパートのほかの部屋に通うホームヘルパーと出くわした。それで合点がいったのは、いつからかは判明しないが、中江氏から「生活保護を受けている」と聞いていたことだ。

 昨年あたりから取材のアポで電話をすると「毎週土曜日の午後1時から2時に部屋を掃除してもらっている」「火曜日の10時から11時まではリハビリで病院に行くことになっている」と言っていたことがあった。

 私の推測だが、彼はホームヘルパーの世話を受けていたのではないだろうか。介護サービスには食事の配膳もあるが、今年になって食事もろくに取っていなかったと言っていたが、それは介護サービスを打ち切られたためだろうか。中江氏に確かめようとしてももうできなくなってしまった。

 中江氏との最後の会話は、亡くなる2週間前、約1時間の電話でのやりとりだった。これまでの電話取材と同様、彼はこちらの質問にきちんと答えてくれた。そして最後に「いつでもいいですから、どんどん電話してください、楽しみにしています。まだまだ話していないことがいっぱいあるので、いろいろと思い出しておきます」と言い、電話を切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る