周囲の人も去り…晩年は他人との会話を待ち望む寂しい生活

公開日: 更新日:

 東京・葛飾区のアパート火災現場に行ってみた。そこで中江氏のアパートのほかの部屋に通うホームヘルパーと出くわした。それで合点がいったのは、いつからかは判明しないが、中江氏から「生活保護を受けている」と聞いていたことだ。

 昨年あたりから取材のアポで電話をすると「毎週土曜日の午後1時から2時に部屋を掃除してもらっている」「火曜日の10時から11時まではリハビリで病院に行くことになっている」と言っていたことがあった。

 私の推測だが、彼はホームヘルパーの世話を受けていたのではないだろうか。介護サービスには食事の配膳もあるが、今年になって食事もろくに取っていなかったと言っていたが、それは介護サービスを打ち切られたためだろうか。中江氏に確かめようとしてももうできなくなってしまった。

 中江氏との最後の会話は、亡くなる2週間前、約1時間の電話でのやりとりだった。これまでの電話取材と同様、彼はこちらの質問にきちんと答えてくれた。そして最後に「いつでもいいですから、どんどん電話してください、楽しみにしています。まだまだ話していないことがいっぱいあるので、いろいろと思い出しておきます」と言い、電話を切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る