早稲田「早苗」雀荘から喫茶店へ変化したマスターの遊び場

公開日: 更新日:

 早稲田大学のOB、OGにとって、南門前の「早苗」は雀荘という認識だろうが、今は自家焙煎のコーヒー豆も販売する喫茶店である。

■雀荘から喫茶店へ

 マスターの宇田川正明さんの親戚が戦後間もなく、付近で喫茶店「早苗」を開いた。そこに宇田川さんの父親と母親が雀荘「早苗」を併設。雀荘は1950年から現在の場所に移った。

「その雀荘が喫茶店に衣替えしたということは、まあ、言えば先祖返りしたということです」

 宇田川さんはこの場所で生まれ育ち、目の前にある早稲田大学を卒業、博報堂に入社した。

「お袋は代打ちもしたから『早苗のおばちゃん』と学生に親しまれてね。僕は博報堂の入社面接を終えて部屋を出ようとしたら、面接官に『おばちゃんは元気?』と言われてびっくりした。面接官はお客さんだったんですね。履歴書を見て、早苗の息子だって分かったみたい」

 宇田川さんが雀荘「早苗」の2階はそのままに1階を喫茶店にして再スタートしたのは2016年3月。56歳の時だった。

「定年まで働く選択肢もあったけれど、周囲に定年後ほどなくして亡くなる人が多くてね。それならば、早く会社を辞めてゆったりとした生活を送ろうと思ったんですよ」

 しかし、足元の麻雀人口は減少。喫茶店の営業時間が終了し、23時まで麻雀屋を開けていても来客が1組だけという日がしばしばあった。

「学生相手だから利用料金は1時間120円。僕の時給は480円なわけです。これは割に合わないと思い、今年2月、2階も喫茶店にしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか