早稲田「早苗」雀荘から喫茶店へ変化したマスターの遊び場

公開日: 更新日:

 早稲田大学のOB、OGにとって、南門前の「早苗」は雀荘という認識だろうが、今は自家焙煎のコーヒー豆も販売する喫茶店である。

■雀荘から喫茶店へ

 マスターの宇田川正明さんの親戚が戦後間もなく、付近で喫茶店「早苗」を開いた。そこに宇田川さんの父親と母親が雀荘「早苗」を併設。雀荘は1950年から現在の場所に移った。

「その雀荘が喫茶店に衣替えしたということは、まあ、言えば先祖返りしたということです」

 宇田川さんはこの場所で生まれ育ち、目の前にある早稲田大学を卒業、博報堂に入社した。

「お袋は代打ちもしたから『早苗のおばちゃん』と学生に親しまれてね。僕は博報堂の入社面接を終えて部屋を出ようとしたら、面接官に『おばちゃんは元気?』と言われてびっくりした。面接官はお客さんだったんですね。履歴書を見て、早苗の息子だって分かったみたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る