• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神楽坂「タイムズカフェ」は飲食物持ち込みや出前もOK

 神楽坂にあるタイムズカフェに入店すると、まずリストバンドが手渡される。滞在中はコーヒーや紅茶、コンソメスープなどが飲み放題だ。一方、店はこれで客の滞在時間を把握して、代金を請求する仕組み。「時間貸しカフェ」なのだ。

「スタバやドトールも競合ですけれど、開店にあたって意識したのは漫画喫茶ですね」とオーナーの梁川正治さんは言う。外観はどう見てもカフェなので意外なことを言うと思ったが、アメニティーを知ると「ライバルは漫喫」と語る意味が分かるような気がした。

 約60席ある1階は確かにカフェ。しかし2階に上がると、テレビ付きのリクライニングチェアやマッサージチェアが置かれたスペース、隣の席と仕切られたワークスペース、最新の雑誌が置かれたライブラリースペースなどがある。こればかりではない。女性専用のメークルームまである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る