茅場町「アンデルセン」誤算だらけの店だからこそ共に成長

公開日: 更新日:

「昭和レトロ」はあまりによく使われる表現なので、なるべく避けたいところだ。しかし「アンデルセン」は外観といい、内装といい、昭和レトロと言わずにはいられない店である。

 だから、きっとご主人は「この道50年」というような人だろうと思っていたが、オーナーの奥平重則さんは「確かに50年ほど続くお店なのですが私が経営者になったのは、この10年くらいなんですよ」と話し始めた。

 もともとは「アンデルセン」のお客さんだった。先代が寄る年波に勝てないと店を畳もうとしたので、「それなら自分がやる」と譲り受けた。

 昼間は通関業務を手がける会社を営む。飲食店を経営した経験もなく、ずっと店にいるわけにもいかない。しかも昭和レトロの店構え。

「私だって、お客で最初に入る時は緊張しましたよ。店先を行ったり来たりしましたね」

 それでもなぜ継ごうとしたのか。

「もちろんシミュレーションはしましたよ。でもここ、昼間は喫茶店ですが、夜はカラオケが好きな人が集まるスナックなんです。歌好きの私としては、このお店がなくなるのは困ると思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る