さぼうる<上> 神保町で創業63年 繁盛を支える「豆出して」

公開日:

 喫茶店取材の話をしていると、大概の人が「神保町には行きました?」と聞く。それだけ有名店が集積しているからだ。

 そのひとつが、創業63年を迎える「さぼうる」。残念ながら名物マスターの鈴木文雄さんは数カ月前に転んで入院している。代わりに切り盛りしている伊藤雅史さんに話を聞いたが、本当に正直な人だ。繁盛し続ける理由を尋ねると、「分かりません。マスターは奇跡と言っています」と笑った。

 店は神保町駅の出口から徒歩15秒のところにある。細いのに、なぜか人通りが多い路地に面しているという好立地ではあるが、ふらっと入るには少々勇気がいる店構え。店内は暗めで、席と席の間隔も広いとは言えず、喫煙も可。いわば昭和の喫茶店なのだが、老若男女が絶えず店のドアを開けて入ってくる。

「来店客数を数えたことはないですけれど、伝票は1日200枚くらいになります。ざっと400~500人がいらっしゃっているんじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る