さぼうる<上> 神保町で創業63年 繁盛を支える「豆出して」

公開日: 更新日:

 喫茶店取材の話をしていると、大概の人が「神保町には行きました?」と聞く。それだけ有名店が集積しているからだ。

 そのひとつが、創業63年を迎える「さぼうる」。残念ながら名物マスターの鈴木文雄さんは数カ月前に転んで入院している。代わりに切り盛りしている伊藤雅史さんに話を聞いたが、本当に正直な人だ。繁盛し続ける理由を尋ねると、「分かりません。マスターは奇跡と言っています」と笑った。

 店は神保町駅の出口から徒歩15秒のところにある。細いのに、なぜか人通りが多い路地に面しているという好立地ではあるが、ふらっと入るには少々勇気がいる店構え。店内は暗めで、席と席の間隔も広いとは言えず、喫煙も可。いわば昭和の喫茶店なのだが、老若男女が絶えず店のドアを開けて入ってくる。

「来店客数を数えたことはないですけれど、伝票は1日200枚くらいになります。ざっと400~500人がいらっしゃっているんじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る