杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

日韓紛争のメリット享受「米マイクロン・テクノロジー」

公開日: 更新日:

 世界の株式市場が大荒れの展開となっている。NY市場も例外ではない。急落である。主因は米中貿易戦争の激化だ。マスコミはアメリカのホコ先が人民元の切り下げに波及、「通貨戦争」(第2幕)に突入と騒いでいる。

 しかし、トランプ大統領習近平国家主席ともに落としどころ(着地点)はわきまえている、と思う。チキンレースというか、意地の張り合いでは両国のダメージが大きすぎる。早晩、NY市場は反騰に向かうだろう。

 マイクロン・テクノロジー(MU)はご存じ、半導体メーカーだ。足元の業績は厳しいが、会社側は「NANDが安定、DRAMがクラウド用中心に伸びている。スマホ市場には改善の兆し」とコメントしている。

 恐らく、3~5月期(3Q)、6~8月期(4Q)が底になるのではないか。

 フラッシュメモリーは用途の39%が携帯電話、46%がストレージ、DRAMは39%が携帯電話、27%がサーバーだ。やはり、スマホ不振の影響は大きい。ただ、世界のスマホ市場は底入れ、横ばいに転じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る