杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

新成長企業「米セールス・ドットコム」は今こそ仕込み時

公開日: 更新日:

 アメリカの強みは“新”成長企業が次々に出現していること。FAANG(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、グーグル→アルファベット)は有名だが、MVPという名称も使われている。

 MVP? 野球の話ではない。決済システムのマスターカード、ビザ、ペイパルだ。この3社をMVPと称する。近年、急成長を示し、株価は右肩上がりである。

 大型ネット企業は事業転換期を迎えている。何かとネガティブなニュースが多い。しかし、それをカバーできるのがアメリカの強みだ。ウーバーに続き、ウィワークが上場するという。ともに、ソフトバンク(ビジョン・ファンド)が大株主だ。ウィワークには約1兆1000億円を投資している。

 セールスフォース・ドットコム(CRM)は営業支援、顧客管理を行うCRM(Customer Relationship Management)の世界最大手だ。NY市場に上場している。CRMシステムはソフトウエアの中では比較的新しい分野である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  2. 2

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る