杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

新成長企業「米セールス・ドットコム」は今こそ仕込み時

公開日: 更新日:

 アメリカの強みは“新”成長企業が次々に出現していること。FAANG(フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、グーグル→アルファベット)は有名だが、MVPという名称も使われている。

 MVP? 野球の話ではない。決済システムのマスターカード、ビザ、ペイパルだ。この3社をMVPと称する。近年、急成長を示し、株価は右肩上がりである。

 大型ネット企業は事業転換期を迎えている。何かとネガティブなニュースが多い。しかし、それをカバーできるのがアメリカの強みだ。ウーバーに続き、ウィワークが上場するという。ともに、ソフトバンク(ビジョン・ファンド)が大株主だ。ウィワークには約1兆1000億円を投資している。

 セールスフォース・ドットコム(CRM)は営業支援、顧客管理を行うCRM(Customer Relationship Management)の世界最大手だ。NY市場に上場している。CRMシステムはソフトウエアの中では比較的新しい分野である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る