専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争が一段と激化している。世界経済への影響は計り知れないが、それでも踏ん張っている日本企業は結構あるという。

「貿易摩擦に負けない企業」というリポートが市場の話題だ。ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジストの井出真吾氏がまとめたもので、米中貿易摩擦がどの程度、業績に打撃を与えたかを分析している。

 今月6日までに2019年度第1四半期決算(3月決算、金融除く)を発表した東証1部上場企業(約800社)が調査対象。業種別に経常利益の前年同期比を算出したところ、明暗がクッキリだった。

「自動車・輸送機や鉄鋼・非鉄、機械などは20%を超す落ち込みでした。米中貿易摩擦の影響は無視できないと感じています」(井出真吾氏)

 最もマイナス幅が大きかったのは鉄鋼・非鉄の43.7%減。電機・精密は26.2%減、機械は21.8%減、自動車・輸送機は20.0%減だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る