初の「売り出し価格超え」でソフトバンク株は買いなのか

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争が暗い影を落とす株式市場で、ソフトバンクは元気いっぱいだ。

 先週9日、ソフトバンク株は2018年12月19日の新規上場以来、初めて売り出し価格の1500円を一時上回った。

 ライバルのNTTドコモやKDDI(au)の業績が伸び悩むなか、ソフトバンクは唯一、好調を維持。その点を市場が評価した格好だ。

 20年3月期の第1四半期(19年4~6月)の純利益は、NTTドコモが前年同期比でマイナス11.9%、KDDIが同マイナス9.0%に沈んだが、ソフトバンクはプラス2.1%で着地。「大手3社で増益だったのはソフトバンクだけ。安定感が出てきたと思う」(市場関係者)との見方も広がっている。

■昨年12月は1176円まで下落


 第1四半期の決算発表(5日)後、ソフトバンクの株価は緩やかに上昇傾向を見せている。6日高値は1487円で、8日は同じく1494円と1500円まであと一歩に迫った。そして9日に一時1509円の高値を記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る