災害復興工事でも活躍する 建設向け仮設・型枠の「岡部」

公開日: 更新日:

 千葉県に広範囲の被害をもたらした台風15号、宮崎県で竜巻を伴う被害を出した台風17号などが国の激甚災害に指定されます。

 被災地復興が一日も早く進むことを願うばかりですが、今回、AIがイチ押しに選んだのは、災害復興工事でも活躍する建設向け仮設・型枠の「岡部」でした。

 一般の人は建設作業員の足場で見慣れているでしょうが、創業は1917(大正6)年という歴史のある会社で、東京スカイツリーに程近い墨田区押上に本社があります。

 作業員不足による工事遅延のマイナス影響もありましたが、活発な首都圏の再開発事業、さらには災害復興工事も堅調に推移し、2019年第2四半期決算は売上高3・3%、営業利益は4・9%の増収増益でした。今期12月期決算予想も売上高685億円(5・7%増)、経常利益62億円(10・7%増)と好調です。

(情報提供=MILIZE PRO)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る