自動運転のシステム開発「システナ」あおり運転問題解決へ

公開日: 更新日:

 警察庁があおり運転の厳罰化を検討しているそうですが、それでもヘンなドライバーは後を絶ちません。自動運転・車載システムが完全実用化されれば一気に問題解決となりそうですが、今回、AIが選んだのは、そんな自動運転のシステムを開発している「システナ」です。

 システナはパソコンがまだマイコンと呼ばれていた時代の1983年に創業。IT製品の販売のほか、IT環境の構築、サポート、保守などを行う会社です。自動運転のソフト開発のほか、AIを使ったサービスロボットの開発支援なども行っています。AIにとっては、とても親近感のある会社なのでしょう。

 現在は中期5カ年計画を実行中。グループ全体で597億円の売り上げを2024年3月期までに1010億円に増やす計画です。

(情報提供=MILIZE PRO)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る