海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

公開日: 更新日:

 株式市場が荒れ模様になってきた。日経平均は2万3000円台をキープしているが、2万3500円を抜けると再び下落に逆戻り……。そんな相場が続いている。

「ここまで株高を演出してきた海外投資家の動きが止まった印象を受けます。そうなると、年末相場に向け暗雲が漂うかもしれません」(市場関係者)

 東証が公表している投資部門別の売買動向を見ると、海外投資家は9月、10月と大幅な買い越しだったことが分かる。9月は1兆5273億円(現物と先物の合計)、10月は1兆6036億円(同)だ。

「例年、この時期の海外勢は売り越すことが多いのですが、今年は日本株に割安感があったためか、大幅な買い越しとなりました。ただ、11月に入ってから海外勢の売買動向に変化が見られます。月の後半は売り越しに転じた週もあったのです」(株式評論家の安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る