中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

ヤフー・LINEの経営統合に立ちはだかる「独占禁止法」の壁

公開日: 更新日:

 日本のマスコミが大騒ぎしたヤフーとLINEの経営統合。衛星放送で見た欧米のテレビではまったく話題にされず、「GAFA」や「BAT」と呼ばれる米中のIT大手の株価も影響を受けることがなかった。島国日本のネットビジネスの矮小さが確認できた。

 先月、公正取引委員会の関係者と会った。彼は「現代社会は競争政策の推進により経済が発展してきた」と力説。1947年に私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)に基づき公正取引委員会が発足、以後、競争政策を維持していると話した。

 独占禁止法は、事業者による4種類の行為を禁止している。私的独占、不当な取引制限、不公正な取引方法、競争を実質的に制限することになる企業結合(合併など)である。

 一定規模以上の企業結合(国内売上高額200億円超の企業が同50億円超の企業と合併する場合など)は、事前の届け出が義務付けられている(30日前)。だが、「競争を実質的に制限することになる」かなど、判定には難題が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る