負債109億円…ビットコイン“相場上昇”で代理店破産のナゼ

公開日: 更新日:

 暗号資産の代表格「ビットコイン」(BTC)の販売代理店を名乗る会社が破産した。金融庁による交換業者登録の認可取得を目指していた「ビットマスター」(鹿児島市)で、22日に東京地裁が破産手続き開始を決定。負債総額は約109億4439万円、債権者は個人を中心に約2万2300人に上る。1人当たり約49万円だ。相場上昇のあおりで倒産したというからエッ!? である。

 破綻の経緯はこうだ。ビットマスターは、暗号資産ATMを設置する営業会員を集め、ネットワークビジネスを展開。知り合いの紹介などで新たに会員を増やすと、報酬をBTCで払う仕組みだったが、相場上昇で会員と契約した額の支払いが不可能になった。財務悪化で交換業者認可の雲行きも怪しくなり、バンザイ。事業継続を断念した。

 マネー評論家の新田ヒカル氏は言う。

「証券取引所を通じ、原則的に現物を動かす株式取引と異なり、暗号資産は約定しても手元に入るわけではありません。相対取引でもあることから、狙い通りの価格やタイミングでBTCを調達できるとは限らない。そうこうしているうちに、ビットマスターは顧客に契約した額でBTCを集められず、結果的に多額の損失を“のんじゃった”のではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る