負債109億円…ビットコイン“相場上昇”で代理店破産のナゼ

公開日: 更新日:

 暗号資産の代表格「ビットコイン」(BTC)の販売代理店を名乗る会社が破産した。金融庁による交換業者登録の認可取得を目指していた「ビットマスター」(鹿児島市)で、22日に東京地裁が破産手続き開始を決定。負債総額は約109億4439万円、債権者は個人を中心に約2万2300人に上る。1人当たり約49万円だ。相場上昇のあおりで倒産したというからエッ!? である。

 破綻の経緯はこうだ。ビットマスターは、暗号資産ATMを設置する営業会員を集め、ネットワークビジネスを展開。知り合いの紹介などで新たに会員を増やすと、報酬をBTCで払う仕組みだったが、相場上昇で会員と契約した額の支払いが不可能になった。財務悪化で交換業者認可の雲行きも怪しくなり、バンザイ。事業継続を断念した。

 マネー評論家の新田ヒカル氏は言う。

「証券取引所を通じ、原則的に現物を動かす株式取引と異なり、暗号資産は約定しても手元に入るわけではありません。相対取引でもあることから、狙い通りの価格やタイミングでBTCを調達できるとは限らない。そうこうしているうちに、ビットマスターは顧客に契約した額でBTCを集められず、結果的に多額の損失を“のんじゃった”のではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る