三菱電機サイバー攻撃 中国系ハッカー集団「Tick」関与か

公開日: 更新日:

 三菱電機の社内ネットワークがサイバー攻撃を受け、約8000人分の個人情報と企業機密が外部に流出した可能性がある問題で、攻撃側によって重要情報を保存するサーバーとの通信記録(ログ)が消去されていたことが分かった。

 サイバー攻撃は昨年6月28日、中国の同社拠点の端末に不審な動きがあったことをきっかけに発覚。社内のパソコンやサーバーが侵入されていたため、外部からの接続を制限したが、すでにログが消去されていたため発見が遅れ、流出の有無を確認できないファイルもあるという。

 不正アクセスは多数の事業本部に及ぶなど大規模で、非常に巧妙な手口から防衛関連の機密情報を狙う中国系ハッカー集団「Tick(ティック)」が関与したとの見方が強まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  4. 4

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  5. 5

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る